2018年春各アニメ1話感想をチェック

【citrus(シトラス)】6話 感想 芽衣の父親登場。お互いを求め合うキスをする二人【ネタバレ注意】

citrus(シトラス)画像

citrus(シトラス) 第6話より (C)サブロウタ・一迅社/citrus製作委員会

コミック百合姫(一迅社)で連載中のサブロウタさんによる漫画が原作のテレビアニメ「citrus(シトラス)」の6話感想です。

6話「out of love」

ざっくりあらすじ

芽衣の父親である藍原翔の突然の帰国。初対面の柚子は驚きながらも、芽衣が学園のために頑張っていることを翔に力説する。 しかし無言のまま、戸惑うように翔から視線を逸らしていた芽衣は「やめて!」と叫ぶのだった。
そんな娘に対し翔は「もう学院には戻らない」と告げる。その後柚子は、翔とご飯を買いに出掛けた。そこで芽衣の話を聞かせてもらい、翔はちゃんと芽衣の事を見てると感じる柚子だった…。

 

逃げるように部屋へ入る芽衣に何も言えなかった柚子は、その夜改めて芽衣に声を掛ける。芽衣は何を支えに生きていけばいいのかわからないと、泣きながら柚子に言うのだった。その後芽衣は、柚子にキスをし抱きしめ「初めてなんでしょ?」と一線を越えようとするが、柚子は「人の気持ちを何だと思ってるんだ」と芽衣にビンタをした。

 

それから柚子はずっと芽衣に必要のものとは何かを考えていた。そんな柚子に母から電話があり、これから翔はまた海外に行ってしまう事を聞く。このまま別れるのはダメだと、急いで芽衣を探しに行く柚子だがなかなか見つからない。そこで柚子は、放送室に行き芽衣に向けてメッセージを伝える。その後芽衣を見つけた柚子は、全速力で自転車を走らせる。駅で翔を見つけた二人は…。

どちらかというと柚子のお父さんではないかと思ってしまう雰囲気の芽衣パパが登場。幼いころの親子の確執で気まずい二人に柚子がナイスアシストしましたね。
なにも聞かずに状況を察して協力してくれるはるみんもかっこいいし自転車に乗って爆走するところもよかったですね。
しかし、雨が上がって二人乗りであんなにスピード出したら事故るのではとヒヤヒヤしました。

 

そして一線を超えたーーーー!?自暴自棄になった芽衣が柚子を誘ったときは柚子が怒ってビンタくらわしたけど、最後のキスは完璧に一線を超えていましたね。
突然の濃厚なキスで驚きました。
そして新キャラ登場!次回も柚子と芽衣の関係がどうなるのか楽しみです!

「citrus(シトラス)」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■Blu-lay版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■DVD版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■テーマ曲CD
アザレア / nano.RIPE
Dear Teardrop / Mia REGINA

書籍

■citrus(漫画)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻 | アンソロジー

スタッフ
  • 原作:サブロウタ
    (コミック百合姫/一迅社刊)
  • 監督:高橋丈夫
  • シリーズ構成:ハヤシナオキ
  • キャラクターデザイン・総作画監督:伊集院いづろ
  • 音楽:高橋諒
  • 音楽制作:ランティス
  • プロデュース:インフィニット
  • アニメーション制作:パッショーネ
声優・キャスト
  • 藍原柚子(CV:竹達彩奈)
  • 藍原芽衣(CV:津田美波)
  • 谷口はるみ(CV:藤井ゆきよ)
  • 桃木野姫子(CV:久保ユリカ)
  • 水沢まつり(CV:井澤詩織)
  • 丸太加代(CV:葉山いくみ)
  • タチバナ・サラ(CV:金本寿子)
  • タチバナ・ニナ(CV:松嵜麗)
  • 藍原翔(CV:前野智昭)
  • 藍原梅(CV:植田佳奈)

(C)サブロウタ・一迅社/citrus製作委員会