2018年春各アニメ1話感想をチェック

【citrus(シトラス)】7話 感想 まつり登場!嫉妬してしまう芽衣【ネタバレ注意】

citrus(シトラス)画像

citrus(シトラス) 第7話より (C)サブロウタ・一迅社/citrus製作委員会

コミック百合姫(一迅社)で連載中のサブロウタさんによる漫画が原作のテレビアニメ「citrus(シトラス)」の7話感想です。

7話「love or lie!」

ざっくりあらすじ

試験で百位以内に入ることを目指し、祖父の機嫌を損ねないようにと家で勉強中の二人。 しかし柚子は、芽衣とお互いに求めるようなキスをしてまったく集中できずにいた。意を決してあのキスの意味を芽衣に尋ねるのだが、冷たくあしらわれてしまう。
落ち込む柚子は、はるみとゲームセンターに遊びにきてもどこか上の空。そんな時、幼馴染であり中学二年生の水沢まつりと再会し…。

 

久しぶりに会ったまつりは怪しいバイトをしてるという。それを聞いた柚子は絶対に辞めるように注意する。そんな柚子が大好きなまつりは、柚子の携帯に入ってる芽衣との写真を見て女の子同士のキスについての話をする。
その後カラオケに行ったまつりたち。まつりは、柚子と二人きりになったところを見計らい柚子ちゃんが好きと告白。全てを見透かすまつりは柚子を押し倒し、キスをしようとする。そんな時柚子に、芽衣からの初めての電話がかかってくる。その電話が嬉しい柚子は、その後まつりと帰ることとなるが…。

 

その帰り道、まつりは横断歩道の向こう側で芽衣の姿を見つける。その後、芽衣の目の前で柚子にキスをする。それに気付かない柚子は、帰宅後いつもと違う様子の芽衣に戸惑う。そして、後ろから柚子に抱きつく芽衣は「姉妹なら普通」と呟いた…。
次の日柚子の通う学校に侵入したまつりは、そこで芽衣と対峙する事となる。芽衣は敵意剥き出しでまつりを追い出すのだったが、その後まつりは何やら怪しい行動をし…。

新キャラクターまつり登場!まつりちゃんゲームのテクニックがすごくて登場の仕方がかっこいいですね。
柚子と芽衣は前回濃厚なキスをしてしまったので少し気まずい雰囲気ですね。そんな中で柚子がまつりちゃんにキスされている場面を芽衣が目撃してしまうとか…。
それにしてもはるみんは勘が鋭いですね。面倒見が良くて好きです。結構鋭いはるみんなら柚子と芽衣との関係に気付いていたりするんですかね。

 

柚子とまつりちゃんのキスを見た後の芽衣がクマを抱いててかわいかったですね。いつもその調子ならいいのに!
芽衣がクマの手をもそもそする所が作画が妙にぬるぬるで笑いました。
次回芽衣がどう動くのか楽しみです。

「citrus(シトラス)」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■Blu-lay版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■DVD版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■テーマ曲CD
アザレア / nano.RIPE
Dear Teardrop / Mia REGINA

書籍

■citrus(漫画)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻 | アンソロジー

スタッフ
  • 原作:サブロウタ
    (コミック百合姫/一迅社刊)
  • 監督:高橋丈夫
  • シリーズ構成:ハヤシナオキ
  • キャラクターデザイン・総作画監督:伊集院いづろ
  • 音楽:高橋諒
  • 音楽制作:ランティス
  • プロデュース:インフィニット
  • アニメーション制作:パッショーネ
声優・キャスト
  • 藍原柚子(CV:竹達彩奈)
  • 藍原芽衣(CV:津田美波)
  • 谷口はるみ(CV:藤井ゆきよ)
  • 桃木野姫子(CV:久保ユリカ)
  • 水沢まつり(CV:井澤詩織)
  • 丸太加代(CV:葉山いくみ)
  • タチバナ・サラ(CV:金本寿子)
  • タチバナ・ニナ(CV:松嵜麗)
  • 藍原翔(CV:前野智昭)
  • 藍原梅(CV:植田佳奈)

(C)サブロウタ・一迅社/citrus製作委員会