2018年春各アニメ1話感想をチェック

【だがしかし2】10話 感想 スケベココノツとハジメは病室に行くが…【ネタバレ注意】

だがしかし画像

だがしかし2 第10話より
(C) 2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2

週刊少年サンデー(小学館)で連載中のコトヤマさんによる漫画が原作のテレビアニメ「だがしかし2」の10話感想です。

10話「紋次郎いかと漫画原稿と…」

紋次郎いか


ココノツハジメはインターネットで注文を受ける。友達想いの健気な女性を想像するココノツたち。思わずココノツの目には涙が…。
さっそく病院に駄菓子を届けに行くが、尋ねた病室にいたのはココノツの父ヨウだった。

ハジメを初めて見るヨウに、新人のバイトだと紹介するココノツ。しかしヨウは、ハジメの胸を見て、ココノツにスケベと言うのだった。
その後、ヨウは駄菓子を注文をした記憶なんてないと言う。そして、送り主もわからぬまま好物の「紋次郎いか」を食べるヨウだったが…。

漫画原稿


帰り際にヨウは、ココノツに「最近マンガ書いてんの?」と聞く。そこでココノツは、仕事に追われ、最近全然マンガを書いてないことに気付く。紋次郎いかを食べながら、酔っ払うハジメはココノツに抱き付くが、ココノツはそんな時ふと、ほたるを思い出すのだった…。

その後、ココノツはコンビニで雑誌を買い「出張漫画審査会イベント」に参加する事を決意。ココノツはなんとか二日で完成させようとする。
しかし、思うように原稿が進まず締め切りに間に合わなそうになる。諦めかけたココノツの元にハジメ、サヤトウが部屋に入って来て…。

感想

お父さんがインターネット注文で美化されすぎて笑いました。
確かに入院していてその友人の為だったらかよわい女の子を連想するかも。
ハジメちゃんの胸が完全にほたるちゃんと一致しているからココノツはそっち系が…サヤ師かわいそうですね。
それにしてもほたるちゃんがネット注文したのでしょうか。気になりますね。

後半は最近漫画を描いていないことに気付いたココノツが出張審査会を目標に漫画を描く回。
思い立ったらすぐ行動するココノツかっこいいですね。そしてハジメちゃんの時々頼りがいがある感じなんなんだ…!
漫画は間に合うのか、次回も引き続き漫画回ですかね。楽しみです。

「だがしかし」の他の感想を見る


作品情報

書籍

■だがしかし(漫画)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻 | 第10巻

スタッフ
  • 原作:コトヤマ
    (だがしかし/小学館「週刊少年サンデー」連載中)
  • 監督:桑原智
  • 構成:森田真由美
  • 脚本:横手美智子
  • キャラクターデザイン:三浦菜奈
  • 総作画監督:小林明美
  • 美術設定:西田稔・岩城万理子
  • 美術監督:柴田正人
  • 色彩設計:油谷ゆみ
  • 撮影監督:児玉純也
  • 編集:渡部珠未
  • 音響監督:本山晢
  • 音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ
  • 音楽:大隈知宇・信澤宣明
  • 音楽制作:ポニーキャニオン
  • 制作:手塚プロダクション
  • 設定協力:feel.
声優・キャスト
  • 枝垂ほたる(CV:竹達彩奈)
  • 鹿田ココノツ(CV:阿部敦)
  • 遠藤サヤ(CV:沼倉愛美)
  • 遠藤豆(CV:鈴木達央)
  • 鹿田ヨウ(CV:藤原啓治)
  • 尾張ハジメ(CV:赤崎千夏)
  • 紅豊(CV:杉田智和)

(C) 2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2