2018年春各アニメ1話感想をチェック

【だがしかし2】7話 感想 ポンコツお姉さんと同棲!?サヤ師に目撃されるココノツ【ネタバレ注意】

だがしかし画像

だがしかし2 第7話より
(C) 2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2

週刊少年サンデー(小学館)で連載中のコトヤマさんによる漫画が原作のテレビアニメ「だがしかし2」の7話感想です。

7話「尾形ハジメとチョコボールと…」

ざっくりあらすじ

学校に行ってる間だけでもとバイト募集の貼り紙をはるココノツ。すると土下座登場の「尾張ハジメ」がバイト希望という事でそのまま面接へ…。
履歴書を見るとなかなか優秀と思いきや、ハジメは紅豊のコンビニをほんの数日勤めて退職。前回の求人情報誌にのっていた、一人だけなじめてない顔してた人がハジメだったのだ。
話を聞いていくと、店長の紅豊はみんなにあだ名をつけていき、ハジメはシンプルに「メガネ」。本人は納得していない様子。
さらに遅刻魔で駄菓子自体あんまり食べたことないハジメは住み込みで働く事になる。最後にはサヤ師に目撃されてしまう。

土下座登場のハジメさん回。個人的にあのポンコツ感がとても面白くて癒されました。紅豊さんは今回も最高に良いキャラしてました。何気にハジメさんとココノツくんの「言うほどメガネじゃないっつーの!ってね」「いやえっメガネですけど…」のシーンが好きです。実は色気のあるハジメさん次回以降も楽しみです。最後はサヤ師に目撃されて終わりです。来週サヤ師はどう出るのでしょうか!?

「だがしかし」の他の感想を見る


作品情報

書籍

■だがしかし(漫画)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻 | 第10巻

スタッフ
  • 原作:コトヤマ
    (だがしかし/小学館「週刊少年サンデー」連載中)
  • 監督:桑原智
  • 構成:森田真由美
  • 脚本:横手美智子
  • キャラクターデザイン:三浦菜奈
  • 総作画監督:小林明美
  • 美術設定:西田稔・岩城万理子
  • 美術監督:柴田正人
  • 色彩設計:油谷ゆみ
  • 撮影監督:児玉純也
  • 編集:渡部珠未
  • 音響監督:本山晢
  • 音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ
  • 音楽:大隈知宇・信澤宣明
  • 音楽制作:ポニーキャニオン
  • 制作:手塚プロダクション
  • 設定協力:feel.
声優・キャスト
  • 枝垂ほたる(CV:竹達彩奈)
  • 鹿田ココノツ(CV:阿部敦)
  • 遠藤サヤ(CV:沼倉愛美)
  • 遠藤豆(CV:鈴木達央)
  • 鹿田ヨウ(CV:藤原啓治)
  • 尾張ハジメ(CV:赤崎千夏)
  • 紅豊(CV:杉田智和)

(C) 2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2