2018年春各アニメ1話感想をチェック

【だがしかし2】8話 感想 サヤ師の嫉妬怖いけど、ちょろサヤ師かわいい【ネタバレ注意】

だがしかし2画像

だがしかし2 第8話より
(C) 2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2

週刊少年サンデー(小学館)で連載中のコトヤマさんによる漫画が原作のテレビアニメ「だがしかし2」の8話感想です。

8話「ロールキャンディとハイエイトチョコと…」

ざっくりあらすじ

サヤはシカダ駄菓子にいる女性の正体をつきとめにお店へむかう。
すると見知らぬ女性がレジ台に突っ伏して眠っていた。サヤはその女性が新しいバイトのハジメと知る。
ハジメの勧めでロールキャンディーを買うが、中にはぐるぐる巻きの紙が入っていた。
その食べ方について追及を始めるサヤとハジメだったが…。

 

豆の最近のマイブームは「借金取り立て屋ごっこ」。
ココノツが家にいると思い、借金を取り立てに行ったがそこにいたのはハジメだった。
ハジメはココノツが本当に借金があると思い話を進める…。

今週のサヤ師の嫉妬は怖かったですね!だがしかし、サヤ師のハジメさん妄想シーン「ママって呼んでもいいのよ」面白かったです。あとはサヤ師がハジメさんに「店長の彼女さんっすか」からのサヤ師ちょろさ。二人の絡みかなり良かったです。ココノツ帰宅後、ハジメさんがお風呂を借りるシーンはサヤ師に電流走ってました。後半は豆君のマイブーム「借金取り立て屋ごっこ」最高でした。別人のようなカッコよさ、ハジメさんに「身体で払ってもらおうか・・・?」など、知らない人に全開の友達ノリ…面白かったです。さらにハジメさんの、モノボケはシュールで笑いました。今週もほたるさんの出番なかったが、次回も楽しみです!

「だがしかし」の他の感想を見る


作品情報

書籍

■だがしかし(漫画)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻 | 第10巻

スタッフ
  • 原作:コトヤマ
    (だがしかし/小学館「週刊少年サンデー」連載中)
  • 監督:桑原智
  • 構成:森田真由美
  • 脚本:横手美智子
  • キャラクターデザイン:三浦菜奈
  • 総作画監督:小林明美
  • 美術設定:西田稔・岩城万理子
  • 美術監督:柴田正人
  • 色彩設計:油谷ゆみ
  • 撮影監督:児玉純也
  • 編集:渡部珠未
  • 音響監督:本山晢
  • 音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ
  • 音楽:大隈知宇・信澤宣明
  • 音楽制作:ポニーキャニオン
  • 制作:手塚プロダクション
  • 設定協力:feel.
声優・キャスト
  • 枝垂ほたる(CV:竹達彩奈)
  • 鹿田ココノツ(CV:阿部敦)
  • 遠藤サヤ(CV:沼倉愛美)
  • 遠藤豆(CV:鈴木達央)
  • 鹿田ヨウ(CV:藤原啓治)
  • 尾張ハジメ(CV:赤崎千夏)
  • 紅豊(CV:杉田智和)

(C) 2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2