2018年春各アニメ1話感想をチェック

【博多豚骨ラーメンズ】8話 感想 キノコが二人!?榎田最強の武器パソコンを封じられても強い【ネタバレ注意】

博多豚骨ラーメンズ画像

博多豚骨ラーメンズ 第8話より
(C)2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

メディアワークス文庫(KADOKAWA)で刊行している木崎ちあきさんによる小説が原作のテレビアニメ「博多豚骨ラーメンズ」8話の感想です。

8話「トリックプレイ」

ざっくりあらすじ

榎田ハッカー狩りのターゲットとなり、博多の街を逃げ回る。賞金に釣られた殺し屋たちから狙われ、徐々に追いつめられていく榎田。
さらに唯一の武器であるパソコンも封じられ、絶体絶命のピンチに陥っていた…。身を案じる馬場たちの元に、榎田からのメッセージが届けられる。
それは馬場を巻き込んだ、サイバーテロ組織への決死のカウンターだった。

 

榎田は賞金に釣られた殺し屋のターゲット斉藤に設定し逃走。捕まえたと思われた榎田は変装した林だったのだ。
最後は馬場がサイバーテロ組織を鎮圧した。その後、事件が解決した一同はみんなで焼き肉屋へ。
お坊ちゃま」弄りをされる榎田は、「もー!うっさい!」と焼き肉を食べるのであった。

キノコかっこいい回でしたね!キノコ型のウィッグとか、林ちゃんとキノコの身長が同じくらいだとか前回の伏線がここで出てくるのかと驚きました。キノコが林ちゃんより少し背が高いと見栄をはるのがかわいいですね。

 

そして、キノコとキノコ父との和解。実は殺そうとして殺さなかったのも博多までの切符を買ったのも父だったとは。キノコは何度言っても素行が治らないから自由にさせてあげようというお父さんかっこいいですね。

 

元殺し屋執事が事件解決をお父さんに報告している場面でメッセージが飛んで来た時、誕生日おめでとうくるか!?と思っていたら来たのでテンションが上がりました。なんだかんだ言って仲良しなのではと微笑ましくなりました。
次回は誰に焦点が当てられるのか楽しみです。

「博多豚骨ラーメンズ」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■Blu-lay版
Vol.1Vol.2Vol.3
■DVD版
Vol.1Vol.2Vol.3
■テーマ曲CD
DIRTY BULLET / TRI4TH
ストレイ / 岸田教団&THE明星ロケッツ

書籍

■博多豚骨ラーメンズ(小説)
第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻第8巻
■博多豚骨ラーメンズ(漫画)
第1巻第2巻第2幕 第1巻

スタッフ
  • 原作:木崎ちあき
    (メディアワークス文庫刊)
  • キャラクター原案:一色箱
  • 監督:安田賢司
  • シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
  • キャラクターデザイン:井上英紀
  • 音響監督:岩浪美和
  • 音楽:中川幸太郎
  • アニメーション制作:サテライト
声優・キャスト
  • 馬場善治(CV:小野大輔)
  • 林憲明(CV:梶裕貴)
  • 斉藤(CV:小林祐介)
  • 榎田(CV:小野賢章)
  • ジロー(CV:浪川大輔)
  • ミサキ(CV:悠木碧)
  • ホセ・マルティネス(CV:前野智昭)
  • 大和(CV:松岡禎丞)
  • 佐伯(CV:平川大輔)
  • 重松(CV:浜田賢二)
  • 剛田源造(CV:廣田行生)
  • 猿渡俊助(CV:中村悠一)
  • 新田巨也(CV:松風雅也)

(C)2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ