2018年春各アニメ1話感想をチェック

【ゲゲゲの鬼太郎(第6期)】2話 感想 八頭身のねこ娘ついに登場!鬼太郎ファミリーもやって来て…!?【ネタバレ注意】

ゲゲゲの鬼太郎画像

ゲゲゲの鬼太郎 第2話より
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

水木しげるさんによる漫画が原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎(第6期)」の2話感想です。

2話「戦慄!見上げ入道」

ねずみ男とねこ娘

人気アイドルグループ・電池組のドームコンサートで、数万人の来場者が一瞬で消えてしまう事件が発生!その背後には、ねずみ男(CV:古川登志夫)が立ち上げた芸能事務所、ビビビ・プロモーションが関係していた…。

鬼太郎とねこ娘(CV:庄司宇芽香さん)が駆けつけると、偶然まなも会場にやってきたところだった。「人間は妖怪のことに関わるな」とまなを遠ざけようとする鬼太郎だったが…。

しかし、まなは「友達が行方不明になっているから」と帰ろうとしない。そして、鬼太郎たちが会場にもぐりこむと、そこには来場者たちを吸い込んで膨れ上がった妖怪が…!?

鬼太郎&猫娘VS見上げ入道

子泣き爺、砂かけ婆、ぬりかべ、一反木綿らは鬼太郎とともに矢を撃った犯人について話している。そこへ、猫娘も慌ててやって来て…!?
一方、ねずみ男は自分では気付かないうちに、見上げ入道の封印を解いていた。そして見上げ入道が作った、大量の金塊で事務所を買い取るねずみ男は、見上げ入道と組んで怪しい計画を目論んでいた…。その頃、ねこ娘は鬼太郎を救ったというまなの様子を見に来るが…。

ドームコンサートで数万人の来場者が消えた事件を聞き、鬼太郎とねこ娘は怪しげなねずみ男に話を聞きに行く。すると、まなが現れ、猫娘と喧嘩しながらもみんなでドームの中へと入って行くことになる。
ドームの中には見上げ入道がいて、消えた5万人は霊界送りにしてやったという。さらに、あと4人で無限の力を手に入れることが出来ると言い、鬼太郎とねずみ男を霊界送りにしてしまう。

そして、まなを庇った猫娘までも霊界に送りにされかけるが、その瞬間鬼太郎が現れリモコン下駄で攻撃。霊界を自由に行き来できる鬼太郎だったが、今度は見上げ入道に飲み込まれてしまう。
しかし、体内から攻撃を仕掛ける鬼太郎。その後、まなはめだま親父の助言で「見上げ入道見越したり」と叫び…!?

感想

今週は猫娘(八頭身)が登場!まなちゃんの身長も抜きましたね。猫娘背が高い…。
猫娘は鬼太郎が死んだと聞いてすっとんで来たけど、鬼太郎にツンデレな反応してて笑いました。あれ?そんなキャラだったっけってなりましたw
体も顔つきも大人っぽくなったのでクールな印象が強くなりましたね。まぁかわいければなんでもいいですけど。
他の一反もめんや爺婆も出てきましたね。みんな相変わらずで、ねずみ男も相変わらずでしたね。

そして戦闘シーンは鬼太郎弱い説浮上してしまうほど前回と同様あっさりやられてしまいましたね。
まな(人間)>>>>猫娘>鬼太郎 みたいな位置づけになってしまいましたw
人間は妖怪から見たらチートすぎないか!?このことをきっかけにまなちゃんも役に立ちたいって言ってきそうですね。
最後の猫娘のテレ顔が一番かわいかったです。第7期があるんだったらすなかけ婆もお色気たっぷりの婆にしてしまえばいいのでは…w

次回はどんな妖怪が出てくるのか楽しみです!

「ゲゲゲの鬼太郎」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■ゲゲゲの鬼太郎 第5期(DVD版)
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 | Vol.5 | Vol.6 | Vol.7 | Vol.8 | Vol.9 | Vol.10 | Vol.11 | Vol.12

書籍


■ゲゲゲの鬼太郎 妖怪千物語(漫画)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻

スタッフ
  • 原作:水木しげる
  • シリーズディレクター:小川孝治
  • シリーズ構成:大野木寛
  • キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
  • 音楽:高梨康治・刃-yaiba-
  • 制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション
声優・キャスト
  • 鬼太郎(CV:沢城みゆき)
  • 目玉おやじ(CV:野沢雅子)
  • ねずみ男(CV:古川登志夫)
  • ねこ娘(CV:庄司宇芽香)
  • 犬山まな(CV:藤井ゆきよ)
  • 砂かけばばあ(CV:田中真弓)
  • 子泣きじじい(CV:島田敏)
  • ぬりかべ(CV:島田敏)
  • 一反もめん(CV:山口勝平)

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション