2018年春各アニメ1話感想をチェック

【恋は雨上がりのように】12話 最終回 感想 17歳と45歳がたどり着いた明日にあるもの【ネタバレ注意】

恋は雨上がりのように画像

恋は雨上がりのように 第12話より
(C) 眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

月刊!スピリッツ(小学館)で連載後、現在はビックコミックスピリッツ(小学館)で連載中の眉月じゅんさんによる漫画が原作のテレビアニメ「恋は雨上がりのように」の12話感想です。

12話「つゆのあとさき」

自分との約束


学生達の声が放課後の学校に響く。冬へと加速する季節とは正反対に、青春は温度を上げ17歳の心をかき乱す。一方、西田と吉澤は順調に恋を育んで行く。
あきらは全てが少しずつ変わっていく中、自分だけが取り残されたように感じる…。

一方、近藤は本社とガーデンを忙しく行き来し、家では夜通し原稿用紙に向かっていた。あきらは足が速くなりたい勇斗に、走り方を教えてあげる事になる。そこであきらは、勇斗からゴールするまで諦めない約束の話を聞く。
その後あきらは、近藤に忘れている自分との約束があるのではないかと言われ…。

恋は雨上がりのように


近藤は昇進試験ではなく、本社で新メニューのレクチャーを受けていただけだった。今日も近藤は本社へ向かうが、新メニューのマニュアル本を忘れてしまう。
それに気付いたあきらは、雨の中走って近藤に届けるのだった。帰る頃に雨が上がっていた…。

そして、はるかに一通のメールが届いた「もう一度、一緒に風を見よう
あきらは近藤を想い、近藤はあきらを思う。二人の視線が交わった時、17歳と45歳がたどり着いた明日にあるものは…。

感想

遂に最終回を迎えましたね。
ネットで原作漫画のほうの結末ネタバレを目にしてしまったので、店長とあきらちゃんはくっつかないのか…と重苦しい雰囲気で見ていました。
でも、最後にあきらちゃんは陸上を再開することを決め、店長が書いたと思われる小説のタイトルが「恋は雨上がりのように」だったので満足です。

途中あきらちゃんとはるかちゃんがマフラー一緒に使ったり手繋いだりしてたので、実は店長は当て馬的立ち位置なのではと錯覚してしまいました。
citrusを見てたせいかな…。
店長とあきらちゃんがくっつかないのが残念でならないですが、店長が二人とも自分の約束を果たしたら…って言っていたので現在の二人はくっついていると信じています。
あきらちゃんと店長を主役にした「恋は雨上がりのように」を店長が書いて作家デビュー、あきらちゃんも無事陸上に戻って走れるようになり、二人は付き合っているもしくは結婚しているという妄想をするだけでほっこりします。

とても素敵な作品でした。映像がとにかく綺麗で音がなくても楽しめそうなアニメです。
ユイちゃんや吉澤、ちひろなどその後が気になるキャラクターばかりなので、またどこかで続きかスピンオフが見られればなと思います。

「恋は雨上がりのように」の他の感想を見る


作品情報

書籍

■恋は雨上がりのように(漫画)
第1巻第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻

スタッフ
  • 原作:眉月じゅん
    (小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
  • 監督:渡辺歩
    (「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」「宇宙兄弟」)
  • シリーズ構成:⾚尾 でこ
    (「荒川アンダーザブリッジ」「ノラガミ」)
  • キャラクターデザイン・総作画監督:柴⽥ 由⾹
    (「君に届け」「魔⼥っこ姉妹のヨヨとネネ」)
  • 音楽:吉俣良
    (「篤姫」「Dr.コトー診療所」)
  • アニメーション制作:WIT STUDIO
    (「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」)
  • 制作:アニメ「恋雨」製作委員会
声優・キャスト
  • 橘あきら(CV:渡部紗弓)
  • 近藤正己(CV:平田広明)
  • 喜屋武はるか(CV:宮島えみ)
  • 西田ユイ(CV:福原遥)

(C) 眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会