2018年春各アニメ1話感想をチェック

【レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~】1話 感想 あらすじ【ネタバレ注意】

レイトンミステリー探偵社画像

レイトンミステリー探偵社 第1話より
(C)LEVEL-5/レイトンミステリー探偵社

レベルファイブから発売されているニンテンドーDSおよびニンテンドー3DS用アドベンチャーゲームシリーズが原作のテレビアニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」の1話感想です。

1話「カトリーエイルと不思議な家」

カトリーエイル・レイトン


カトリーエイル・レイトンは、世界中のナゾを次々と解明し一躍有名になったレイトン教授の娘。さえない表情をしたサイモン・ライトから「購入した家が呪われていて、家族全員がこつ然と姿を消してしまった」という不思議な依頼を受ける。

サイモンの妻と娘、さらには捜査にやって来たアスポワロ警部までいなくなり次は自分に違いないと怯えるサイモン。カトリーが助手のノアと、しゃべる犬のシャーロと一緒にサイモンの家に行くとそこにはいくつかの違和感が…。
交差する家族の絆とマイホームの秘密とは…!?果たしてカトリーは「どんなナゾもすべて解明」できるのだろうか。

不動産屋の正体


サイモンは小さい頃から弟と比べられ、遺産も弟の元へいってしまう。ネクタイピン、父が遺そうとした家や几帳面な犬、奥の部屋の絵をヒントに呪われた家の謎が解けたというカトリー。
女子はやっぱり美形が好きということ。絵が少し傾いているで助手のノアが直すと、秘密の落とし穴へと滑り落ちてしまう。そして、ズレた絨毯は几帳面な犬が直し全て元どおり。これが人が消える謎だったのだ。

そして、奥の扉の先には大量の金塊があった。さらに、あの絵の肖像画と不動産屋の正体は弟だったのだ。その後、不動産屋の弟はみんなの前に現れ、地下で繋がっている自分の家へと案内するのだった。
無事、弟と仲直りが出来たサイモンは、父の誤解も解けていくのだった…。

感想

カトリ―がレイトン教授じゃないって質問責めにされててかわいそうでした。
お父さんのレイトン教授が大きなシルクハットがトレードマークだからカトリ―もミニシルクハットかぶってるんですね。
娘だから抜けてる部分があって人の手を借りながら事件解決かと思ったら、娘でも推理力抜群でした!

キーワードがピコンって出てくるのがゲームっぽくてよかったです。
しかし、隠し扉があって鍵持ってなかった時のことを考えると怖すぎる…パジャマとかでネクタイピンしてなかったら終わりですね。
カトリ―が無事に解決してくれてよかった。

目の前に兄弟の家があるとか仲良すぎますねw
というかお父さん死に際にサイモンから強く当たられてかわいそう…。
まぁでもお父さんが望んだとおり兄弟が仲良くなってよかったです。
視聴者も推理を楽しめる構成になっているので、次回はどんな謎が待っているのか楽しみです。

「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」の他の感想を見る


作品情報

スタッフ
  • クリエイティブディレクター/原案・シリーズ構成:日野晃博
  • 原作:レベルファイブ
  • 監督:満仲勧
  • アニメーション制作:ライデンフィルム
  • キャラクターデザイン原案:長野拓造
  • キャラクターデザイン:高田謡子
  • 助監督:migmi
  • プロップデザイン:小野田貴之
  • 色彩設計:茂木孝浩
  • 美術監督:中久木孝浩
  • 背景:キューン・プラント
  • 音楽:西浦智仁
  • 音響監督:田中亮
  • 音響効果:稲田祐介
  • 音響制作:東北新社
  • 3DCGI :FelixFilm
  • 撮影監督:岡野亜友未
  • 撮影:グラフィニカ
  • 編集:廣瀬清志・榎田美咲
声優・キャスト
  • カトリ―エイル・レイトン(CV:花澤香菜)
  • シャーロ(CV:小杉十郎太)
  • ノア・モントール(CV:池田恭祐)
  • ダージリン・アスポワロ(CV:多田野曜平)
  • ジェラルディン・ロイヤー(CV:山村響)

(C)LEVEL-5/レイトンミステリー探偵社