2018年春各アニメ1話感想をチェック

【重神機パンドーラ】2話 感想 最後の切り札ハイパードライブ!世界を破壊するというレオン【ネタバレ注意】

重神機パンドーラ画像

重神機パンドーラ 第2話より
(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

河森正治さん原作、サテライト制作によるオリジナルテレビアニメ「重神機パンドーラ」の2話感想です。

「重神機パンドーラ」登場人物・キーワード用語

2話「箱を開けし者」

最後の切り札

レオンはマシンの新たなる力を引き出し、大型B.R.A.Iを圧倒する。レオンの研究の成果により、ネオ翔龍すら破壊しかねない強大な力ハイパードライブ
ハイパードライブは、異常な進化を続けるB.R.A.Iに対抗するための最期の切り札。しかしレオンはまだ、ハイパードライブの力を制御できていない…。

クロエにも危険が及ぶが、クイニー・ヨウによって助けられる。その後、ウィークポイントを見つけ出しB.R.A.Iを倒すレオンだった。
レオンは目が覚めると、クロエとともにネオ翔龍にいた。そして、家族契約第12条「B.R.A.Iを見つけたらすぐ逃げる」を守らなかったレオンはクロエに怒られるのだった…。

B.R.A.Iの謎

お腹が空いたレオンは、クロエに連れられてヨウたちの元へ。その後、ごちそうしてもらう二人だったが、ケイン・I・ハサンが現れセシル・スーの元へ案内される…。
ジェイ・ユンはまだレオンのことが信用出来ない様子。そして、7年前の事故のことも問い詰めるジェイだったが、まだ話せないというレオン。

レオンは、自分が猫であることや観測者であることを辞め、B.R.A.Iの謎を解き明かしハイパードライブを完璧なものにして、リアクターを制御するという。
そして、この世界を救うのではなく破壊するという。レオンは、新たな世界を創造出来なければ人類は滅んでしまうのですからと言うのだった…。
一方、クロエは「帰って来たよ、お兄ちゃん」と呟いた…。

感想

レオンのハイパードライブによってB.R.A.I退治に成功!まさかクロエの料理の教えが役に立つなんて…!
というか普通に切ると血がでるんですね。
このアニメには家族契約っていう概念があるけど、すぐ契約破棄したりできるんですかね?クロエが破棄するっていうとレオンが慌てるから契約を切りたくないと思うんですけど、なんで家族になることになったのか知りたいですね。

レオンを含め新しいチーム名はパンドーラに決定。シュレディンガーの猫とか思わず使いたくなる言葉ばかりですね…w
クイニーもそのまま仲間になるのかと思ったら退場してしまいましたね。また戻って来るのかな?
クイニーかっこよすぎるのでたくさん出て欲しいです。

ジェイのレオンに対する不信感と7年前の事故の真相が気になりますね。
ジェイからするとレオンと研究に関連した者が量子リアクターの暴走事故を引き起こしてB.R.A.Iが現れたという風になっているみたいだけど、レオンの反応を見る限り新事実が潜んでいそうです。

とりあえずレオンはハイパードライブで世界を破壊するという決心をした回でしたね。
キャラクター紹介や現状の説明が大半だった感じなので話が進展した感じがしませんでした。
次回以降どう話が進むのか楽しみです。

「重神機パンドーラ」の他の感想を見る


作品情報

アニメ
■Blu-lay版
|  |  |  |  |  |  |  |  |  |
■テーマ曲CD

書籍
■(漫画)
|  |  |  |  |  |  |  |  |  |

スタッフ
  • 原作:河森正治・サテライト
  • 総監督:河森正治
  • 監督:佐藤英一
  • シリーズ構成:根元歳三
  • キャラクター原案:江端里沙
  • キャラクターデザイン:安彦英二
  • 重神機デザイン:河森正治
  • 色彩設計:林可奈子
  • 美術監督:伊藤聖
  • CGディレクター:後藤浩幸
  • 音楽:得田真裕・眞鍋昭大
  • アニメーション制作:サテライト
声優・キャスト
  • レオン・ラウ(CV:前野智昭)
  • クイニ―・ヨウ(CV:花澤香菜)
  • ダグ・ホーバット(CV:津田健次郎)
  • クロエ・ラウ(CV:東山奈央)
  • グレン・ディン(CV:内田雄馬)
  • ケイン・イブラヒーム・ハサン(CV:石塚運昇)
  • ジェイ・ユン(CV:梅原裕一郎)
  • セシル・スー(CV:茅野愛衣)
  • MR.ゴールド(CV:檜山修之)
  • ジーク(CV:中村悠一)
  • ワン(CV:近藤孝行)
  • フォー(CV:石川界人)
  • ???(CV:瀬戸麻沙美)
  • ???(CV:能登麻美子)
  • ロン・ウー(CV:石田彰)

(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media