2018年春各アニメ1話感想をチェック

【ラーメン大好き小泉さん】8話 感想 スープにご飯を投入…家系男子の誕生です。【ネタバレ注意】

ラーメン大好き小泉さん画像

ラーメン大好き小泉さん 第8話より
(C) 鳴見なる・竹書房/「ラーメン大好き小泉さん」製作委員会

まんがライフSTORIA(竹書房)で連載中の鳴見なるさんによる漫画が原作のテレビアニメ「ラーメン大好き小泉さん」の8話感想です。

8話「ご当地袋麺/家系」

ざっくりあらすじ

海へ遊びに来た悠と美沙。来ていない潤と小泉さんは今頃なにをしているのか予想すると、潤は本を読み漁り、小泉さんはやっぱりラーメンでした。
一方で学校の図書館で出会った潤と小泉さん将来の進路について話していました。潤は司書などの本の関連に、小泉さんは秘密にしましたが、ラーメン関連ではないかと予想されました。そして、二人が学校から出て向かったのは袋麺が壁いっぱいに置いてあるお店でした。
潤がおすすめを聞くと、北海道と動物園ラーメン(以下省略)をおすすめされました。結果、潤は「北海道 利尻昆布ラーメン」小泉さんは「鹿児島県 まぐろラーメン」を注文。
後半は悠兄含む男子と小泉さんで家系ラーメン。小泉さんの熟練した手さばきに目が離せない4人は小泉さんの技を参考にしながら食べ進めていきます。そして後日男子の中の一人が家系にはまって家系男子になりました。

海にいた小泉さんっぽいのって小泉さんでは!?と思っていたら違いましたね。進路を秘密にしてもラーメン関連だと思われる程度にラーメン好きな小泉さん好きです。
ラーメンの好みは人それぞれだからお好きにの後におすすめのラーメンを教えてくれるのが優しいですね。普通にラーメンが好きすぎるだけかもしれないですけど。近くにあれだけ袋麺が置いてあるお店があったら通いたくなってしまいますね。私は麺が柔らかくなるのが嫌なので早めに茹でるのをやめる派です。
女子高生ながらあの手慣れたラーメンの扱い方はすごいですね。スープにご飯いれたことないので今度挑戦してみたいと思います!

「ラーメン大好き小泉さん」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■Blu-lay版
上巻下巻
■DVD版
上巻下巻
■テーマ曲CD
FEELING AROUND / 鈴木みのり
LOVE MEN HOLIC / 西沢幸奏

書籍

■ラーメン大好き小泉さん(漫画)
第1巻第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻 | 第6巻

スタッフ
  • 原作:鳴見なる
    (ラーメン大好き小泉さん/竹書房刊)
  • 監督:セトウケンジ
  • シリーズ構成:高橋龍也
  • シナリオ:高橋龍也・浦畑逹彦・関根アユミ
  • キャラクターデザイン:谷拓也
  • 総作画監督:谷拓也・桜井正明
  • 美術監督:若林里紗(アトリエPlatz)
  • 色彩設計:松山愛子
  • 撮影監督:浅黄康浩
  • 編集:三嶋章紀
  • 音響監督:本山晢
  • 音響制作:グルーヴ
  • 音楽:田中貴&細野しんいち
  • 音楽プロデューサー:福田正夫
  • 音楽制作:フライングドッグ
  • キャスティングプロデューサー:谷村誠
  • ビデオ編集:IMAGICA
  • アニメーション制作:Studio五組・AXsiZ
  • 製作:「ラーメン大好き小泉さん」製作委員会
声優・キャスト
  • 小泉さん(CV:竹達彩奈)
  • 大澤悠(CV:佐倉綾音)
  • 中村美沙(CV:鬼頭明里)
  • 高橋潤(CV:原由実)

(C) 鳴見なる・竹書房/「ラーメン大好き小泉さん」製作委員会