2018年春各アニメ1話感想をチェック

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】5話 感想 恋が、実りました。【ネタバレ注意】

ヴァイオレット・エヴァーガーデン画像

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話より
(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

KAエスマ文庫(東京アニメーション)で刊行された暁佳奈さんによるライトノベルが原作のテレビアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の5話感想です。

5話「人を結ぶ手紙を書くのか?」

シャルロッテとダミアンの恋文


数々の手紙を代筆し、貴族の間で話題の自動手記人形になっていたヴァイオレットが、今回代筆するのは隣国へ嫁ぐ王女の恋文。
それは、ドロッセル王国の王女とフリューゲル王国の王子が交わす恋文を国民に公開することで、国を挙げて二人の結婚を祝うという王国の伝統的な儀式であり、戦時中に敵対関係であった両国の和平を結ぶ「婚姻外交」でもあった。

シャルロッテは14歳のあどけない少女で異国へ嫁ぐことも、侍女のアルベルタと離れることも不安でたまらない。彼女と同じ年頃の自動手記人形、ヴァイオレット・エヴァーガーデンは古今東西の書物から得た恋愛の知識で、見事な恋文をしたためるがシャルロッテの表情は晴れなかった…。

数年前、一人で泣いていたシャルロッテは、ありのままの言葉でなぐさめてくれたダミアンに恋をした。しかし、王子から届く美麗に飾られた恋文には、ダイアンの心が見えずシャルロッテは不安になる。
王子と王女の恋文に国民がどれほど沸き立とうとも、シャルロッテの涙は止まらなかったのだ…。

 

後半


同じ年頃の少女の恋心に触れたヴァイオレットは、「あなたの涙を止めて差し上げたい」と告げて、ある行動に出る。それは、シャルロッテとダミアンに自らの手で恋文を書かせることだった。
ありのままの言葉、ありのままの筆致で綴られた恋文は二人の心を近づけると…。

ダミアン王子から届いた最後の手紙には一言「今宵、月下の庭園で待つ」。そして…その夜二人は、初めて出会った白椿の花壇で永遠の愛を誓った。
シャルロッテは結婚式の朝に、生まれる前から時間をともにした侍女・アルベルタに心からの感謝と別れを告げる。シャルロッテの瞳に涙はなかった。ヴァイオレットの瞳にも清々しい秋の空が映っていた…。

感想

今回は姫の話でしたね。
ヴァイオレットちゃんが前回と今回でかなり成長していて驚きました。
でも、5話目にして自動手記人形をやめて手書きの手紙になるとは…。
姫の恋が実ってよかったです。
次回はどんな成長をするのか楽しみです。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■Blu-lay版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■DVD版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■テーマ曲CD
Sincerely / 唐沢美帆
みちしるべ / 茅原実里

書籍

■ヴァイオレット・エヴァーガーデン(ライトノベル)
上巻 | 下巻 | 外伝

スタッフ
  • 原作:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」暁佳奈
    (KAエスマ文庫/京都アニメーション)
  • 監督:石立太一
  • シリーズ構成:吉田玲子
  • キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
  • シリーズ演出:藤田春香
  • 世界観設定:鈴木貴昭
  • 美術監督:渡邊美希子
  • 色彩設計:米田侑加
  • 撮影監督:船本孝平
  • 3D監督:山本倫
  • 小物設定:高橋博行・太田稔
  • 編集:重村健吾
  • 音響監督:鶴岡陽太
  • 音楽プロデューサー:斎藤滋
  • 音楽:Evan Call
  • 音楽製作:ランティス
  • アニメーション制作:京都アニメーション
  • 製作:ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
声優・キャスト
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン(CV:石川由依)
  • クラウディア・ホッジンズ(CV:子安武人)
  • ギルベルト・・ブーゲンビリア(CV:浪川大輔)
  • カトレア・ボードレール(CV:遠藤綾)
  • ベネディクト・ブルー(CV:内山昂輝)
  • エリカ・ブラウン(CV:茅原実里)
  • アイリス・カナリー(CV:戸松遥)

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会