2018年春各アニメ1話感想をチェック

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】7話 感想 いつかきっと少佐と生きて会えることを信じて【ネタバレ注意】

ヴァイオレット・エヴァーガーデン画像

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話より
(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

KAエスマ文庫(東京アニメーション)で刊行された暁佳奈さんによるライトノベルが原作のテレビアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の7話感想です。

 7話「   」

ざっくりあらすじ

作家オスカーの元へ代筆に向かったヴァイオレット。到着すると既に主人は酒に酔っており、次の日から代筆することになりました。そしてオスカーはカルボナーラを作ってもらうようヴァイオレットに頼んで眠ってしまいます。メイドじゃないと訴えるヴァイオレットでしたが、なんと初料理に挑戦
代筆がスタートしてヴァイオレットは物語のオリーブに共感します。休憩中にヴァイオレットはフリルのついた綺麗な傘を見つけます。オスカーは傘を使っているヴァイオレットと誰かの影が重なり、ヴァイオレットに怒ります。その傘は娘のオリヴィアが使っていたもので、オスカーは亡くなったオリヴィアに聞かせていたオリーブの話を完結させることで区切りをつけようと思っていました。その話を聞いたヴァイオレットは涙を流します
代筆を再開するも行き詰まり、ヴァイオレットに傘で湖を渡ってみてくれないかと言います。ヴァイオレットは傘を広げ、助走をつけて湖の落ち葉を踏んで歩きます。オスカーはそれを見て涙がこみあげてきました。娘の願いを叶えてくれたヴァイオレットに感謝します。
代筆が終わり電車の中でヴァイオレットは、過去の自分の行いを責めます。そしてヴァイオレットは少佐が死んだことを聞かされます。急いでクラウディアに問いただしに行くと、死体は見つかっていないけれど近くにギルベルトのプレートが落ちていたので死んでいるとのこと。

今回の物語は作家で父であるオスカーと娘のオリヴィアの話でした。オリヴィアがやりたかった湖の上を落ち葉を踏んで渡るということをヴァイオレットが再現したシーンは映像が綺麗すぎて魅せられました。いままでで1番好きな話かもしれないです。特にオリヴィアとオスカーの話から誰かの”いつかきっと”を自分は奪ってきてしまったんだと自分を責めるヴァイオレットに成長を感じました。ヴァイオレットには過去を受け止めることは辛いことだと思うけれど、それを乗り越えていって欲しいですね。
そして、今回は少佐・ギルベルトが亡くなったことが明らかになりました。しかし、死体は見つかってないので生きていることを期待したいですね。もしかしたらヴァイオレットの知らない街で違う人生を歩んでるエンドもあるかもしれないけれど、ヴァイオレットと会うエンドを願っています!

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の他の感想を見る


作品情報

アニメ

■Blu-lay版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■DVD版
Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4
■テーマ曲CD
Sincerely / 唐沢美帆
みちしるべ / 茅原実里

書籍

■ヴァイオレット・エヴァーガーデン(ライトノベル)
上巻 | 下巻 | 外伝

スタッフ
  • 原作:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」暁佳奈
    (KAエスマ文庫/京都アニメーション)
  • 監督:石立太一
  • シリーズ構成:吉田玲子
  • キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
  • シリーズ演出:藤田春香
  • 世界観設定:鈴木貴昭
  • 美術監督:渡邊美希子
  • 色彩設計:米田侑加
  • 撮影監督:船本孝平
  • 3D監督:山本倫
  • 小物設定:高橋博行・太田稔
  • 編集:重村健吾
  • 音響監督:鶴岡陽太
  • 音楽プロデューサー:斎藤滋
  • 音楽:Evan Call
  • 音楽製作:ランティス
  • アニメーション制作:京都アニメーション
  • 製作:ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
声優・キャスト
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン(CV:石川由依)
  • クラウディア・ホッジンズ(CV:子安武人)
  • ギルベルト・・ブーゲンビリア(CV:浪川大輔)
  • カトレア・ボードレール(CV:遠藤綾)
  • ベネディクト・ブルー(CV:内山昂輝)
  • エリカ・ブラウン(CV:茅原実里)
  • アイリス・カナリー(CV:戸松遥)

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会