2018年春各アニメ1話感想をチェック

【ヲタクに恋は難しい】1話 感想 腐女子の成海ちゃんとゲーヲタ宏嵩いきなり付き合う!?【ネタバレ注意】

ヲタクに恋は難しい画像

ヲタクに恋は難しい 第1話より
(C)ふじた・一迅社/「ヲタ恋」製作委員会

comic POOL(一迅社)で連載中のふじたさんによる漫画が原作のテレビアニメ「ヲタクに恋は難しい」の1話感想です。

1話「成海と宏嵩の再会。そして…」

隠れ腐女子と重度のゲーヲタ

 

転職して初めての出勤日、桃瀬成海はすがすがしい朝を迎えていた。

いつもとは違い、アラームが鳴る前に目覚めた成海はカーテンを開けて携帯を見る。すると―携帯の時刻は8:41を差していた。

遅刻ギリギリの時間、成海は慌てて準備をして電車へ駆け乗った。

無事に会社に着いた成海は同僚になる小柳花子に会社を案内してもらう。

そして成海たちと廊下ですれ違った男性は、偶然にも幼馴染であり重度のゲーヲタの二藤宏嵩だった。

思わず声をかけてしまった成海はその場をやり過ごそうと当たり障りのない返答でその場を去る事に成功した…と思ったら去り際に宏嵩から「今度の夏コミは参加するの?」と声をかけられる。

仕事が終わり、成海と宏嵩は居酒屋に来た。そこで成海は腐女子であることを隠していること、ヲタバレしたことによって彼氏に振られ、気まずさから今回転職してきたことを話した。

今度こそヲタバレしないと誓う成海に宏嵩は「オタクに理解のある人を探すんじゃだめなの?」と聞いてみると成海はオタクはキモイと速攻拒否した。

ヲタクに告白は難しい

成海が夏コミに参加するかと宏嵩に言われた時の花子の反応から、成海は自分と同類ということを確信した。

なんとか探りを入れようと花子に近づくと、携帯で知っているコスプレイヤーの写真を見ていたので思わず声をかけてしまった。

話していくうちに、花子は有名なコスプレイヤーで花子は成海の同人誌を買いに行くほどのファンだということがわかり、二人は晴れてヲタ友になった。

成海から飲みに誘われた宏嵩。成海に早く仕事を終わらせて行こうといわれるが…18時になっても成海の仕事が終わっていない。

宏嵩に怒られながらも成海はなんとか仕事を終わらせ、予定通り二人で飲みに行く。

宏嵩が居酒屋で成海の彼氏と間違われるが、成海は宏嵩はないと念を押される。

居酒屋の帰り道、成海が「やっぱ持つべきものは宏嵩だな~」というと宏嵩は「じゃあ俺でいいじゃん」と言った。

成海に告白した宏嵩。無事?二人の交際がスタート。

感想

OPとEDの映像が成海と宏嵩だけじゃなくて花子と太郎もピックアップされてたのがよかったですね!カラフルでかわいかったです。尚哉と光の登場も楽しみです。

思ったよりオリジナル部分多くて、展開も早かったですね。1話目にして交際スタート。

花ちゃん1話目からのイケメン感すごかったです。沢城みゆきさんの声が貫禄ありすぎて…社長秘書とかやってそうですね。

次回あたりから花ちゃんと樺倉のやりとりが見れるのかな。早く二人の痴話喧嘩が見たいですw

成海ちゃんと宏嵩の関係も原作通りって感じで、宏嵩の口下手感がよかったです。

成海ちゃんの声がちょっと想像と違っていて違和感ありましたけど、回を重ねれば馴染んでいくのかな。

原作がそのまま動き出したような作画で本当アニメ化最高です!原作のどこまでやるのかわかりませんが、毎週の楽しみが増えました。

「ヲタクに恋は難しい」の他の感想を見る


作品情報

アニメ
商品画像
■Blu-lay版
■DVD版
■テーマ曲CD

書籍

■ヲタクに恋は難しい(漫画)
第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻

スタッフ
  • 原作:ふじた(「comic POOL」連載/一迅社刊)
  • 監督・シリーズ構成:平池芳正
  • キャラクターデザイン:安田京弘
  • プロップデザイン:朝井聖子
  • 美術設定:袈裟丸絵美
  • 美術監督:諸熊倫子
  • 色彩設計:坂本いづみ
  • 撮影監督:青嶋俊明
  • 音楽:本間昭光
  • 音響監督:土屋雅紀
  • 音響制作:HALF H・P STUDIO
  • アニメーション制作:A-1 Pictures
  • 制作:「ヲタ恋」制作委員会
声優・キャスト
  • 桃瀬成海(CV:伊達朱里紗)
  • 二藤宏嵩(CV:伊東健人)
  • 小柳花子(CV:沢城みゆき)
  • 樺倉太郎(CV:杉田智和)
  • 二藤尚哉(CV:梶裕貴)
  • 桜城光(CV:悠木碧)

(C)ふじた・一迅社/「ヲタ恋」製作委員会