2018年春各アニメ1話感想をチェック

【宇宙よりも遠い場所】13話 最終回 感想 母からのオーロラ写真。長かった旅路はついに終わりを迎え…【ネタバレ注意】

宇宙よりも遠い場所画像

宇宙よりも遠い場所 第13話より
(C)YORIMOI PARTNERS

マッドハウス制作によるオリジナルテレビアニメ「宇宙よりも遠い場所(通称:よりもい)」の13話感想です。

13話「きっとまた旅に出る」

旅路の終わり

キマリは、鳴り響く目覚まし時計を止めて、ベッドから起き上がり食堂の厨房へと向かう。
同じ当直当番である日向に遅いと文句を言われながら、ホワイトボードに今日のメニューを書く。
そして朝食後のミーティングの司会進行、ゴミ出し、トイレ掃除と仕事をこなしていく。

南極での生活にもすっかり慣れたキマリたち。夏隊帰還まであと3日。
長かった旅路は終わりを迎えようとしていた…。

宇宙よりも遠い場所のおたから


キマリたちはアイスオペレーションに向かう。基本は持ち出し禁止の南極だが、そこで氷山を削っても良い事になっている。数万年前の空気が閉じ込められている、溶けるとプチプチ弾けるかき氷を食べながら…。
ペンギンに囲まれ困っている報瀬を横目に、キマリは帰りたくないと思っていた。日向にデコピンをされて怒られてしまったため、またこのメンバーで来るという約束で妥協するキマリだった…。

最後にやりたい事を聞かれたキマリたちは、みんなで遊びたいと藤堂に言った。そして野球が終わると、報瀬は突然髪が切りたくなり、日向にお願いするのだった。
藤堂はキマリたちが帰る前に、みんなの前でスピーチをしていた。次に報瀬がスピーチをし自分が南極に来た理由や母親の事などを話し、みんなは涙を流しながら聞いていた…。

ヘリコプターに乗る直前に報瀬は、母親のノートパソコンを藤堂に渡し一緒に越冬させたいのでと言うのだった。キマリたちが帰ってる最中、ふと空を見上げるとそこにはオーロラが見えた。報瀬の携帯には母親からメールが届き「本物はこの一万倍綺麗だよ」とオーロラの写真付きで送られてきたのだった。
報瀬のあの百万円は宇宙よりも遠い場所に置いて来ていた。めぐっちゃんは北極にいて…。

感想

最終回終わりましたー!
どのキャラも人当りが良くてギクシャクしていないのがいいですね。ほっこり南極アニメ。
夏隊帰還3日、キマリ達女子高生組もすっかり南極の生活に慣れていますね。報瀬は慣れ過ぎてて怖いレベルで。
また4人で南極に来る約束をするときに珍しくキマリと報瀬がかっこよかったです。

最後にやりたい事なにするのかなと思ったら全員で遊ぶことでしたね。
報瀬が藤堂のデッドボールを報瀬母は打ったと聞いて挑んだらホームラン打ちましたねw
それで報瀬の中で吹っ切れたのか髪をばっさり、報瀬母と同じ髪型に。髪を切った後の報瀬の笑顔がすごくかわいかったですね。

オーロラは動画で見てもあんなに綺麗なのに、1万倍綺麗とは想像もつかないくらい綺麗なんでしょうね。
南極行く前はただの女子高生だった4人だけど南極に行ったことによって心も体も強くなった気がします。
それにしても最後のめぐっちゃんのLINE…まさか北極にいるなんて想像しなかったです。
まさか次は「宇宙よりも遠い場所~北極めぐっちゃん編~」が始まるのか!?
普通の人にとっては南極なんてとても遠い場所というぼんやりしたイメージだったけど、過酷で綺麗で素敵な場所なんだなとはっきりとしたイメージになりました。
きっとアニメでやっていることは実際の観測隊のほんの一部かもしれないけれど、細かい所も取材をしてリアルに描かれていておもしろかったです。

「宇宙よりも遠い場所」の他の感想を見る


作品情報

スタッフ
  • 原作:よりもい
  • 監督:いしづかあつこ
  • シリーズ構成・脚本:花田十輝
  • キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博
  • 美術設定:平澤晃弘
  • 美術監督:山根左帆
  • 色彩設計:大野春惠
  • 撮影監督:川下裕樹
  • 3D監督:日下大輔
  • 編集:木村佳史子
  • 音響監督:明田川仁
  • 音響効果:上野励
  • 音楽:藤澤慶晶
  • 音楽制作:KADOKAWA
  • アニメーション制作:MADHOUSE
  • 協力:文部科学省、国立極地研究所、海上自衛隊
  • 製作:「宇宙よりも遠い場所」製作委員会
声優・キャスト
  • 玉木マリ(CV:水瀬いのり)
  • 小淵沢報瀬(CV:花澤香菜)
  • 三宅日向(CV:井口裕香)
  • 白石結月(CV:早見沙織)
  • 藤堂銀(CV:能登麻美子)
  • 前川かなえ(CV:日笠陽子)
  • 鮫島弓子(CV:Lynn)
  • 高橋めぐみ(CV:金元寿子)
  • 玉木リン(CV:本渡楓)
  • 白石民子(CV:大原さやか)

(C)YORIMOI PARTNERS