2018年春各アニメ1話感想をチェック

【宇宙よりも遠い場所】8話 感想 南極に向け出航!結月ちゃんいい感じでイジられてきた【ネタバレ注意】

宇宙よりも遠い場所画像

宇宙よりも遠い場所 第8話より
(C)YORIMOI PARTNERS

マッドハウス制作によるオリジナルテレビアニメ「宇宙よりも遠い場所(通称:よりもい)」の8話感想です。

8話「吠えて、狂って、絶叫して」

ざっくりあらすじ

ついに南極へ向けて出港したペンギン饅頭号。まず隊員たちの取材にいく4人でしたが、報瀬はガチガチに緊張して臨みます。次に大量のじゃがいも剥きをします。料理長の鮫島弓子に早く船に乗れるようにと言われ不思議に思う日向。そして体力をつけるためのトレーニングをしに外へ出ます。天文学者の佐々木夢でも難なく走っているのをみて自分たちも頑張らなければと決意する4人。
疲れ切っている4人に新たなる試練「船酔い」が待ち受けていました。止まっていても揺れ続ける船に吐き気が止まらず弱気になる4人。しかし、体力をつけるために吐いてしまっても体力をつけるため食事は食べた方がいいを言われ無理やり詰め込みます。
この調子で南極でやっていけるのか不安になっている日向と結月に、頑張るしか選択肢はないという報瀬。そこで選択肢はいままであって、それを選択してここにいると言うキマリ。4人は決意を新たにして作業に取り組みます。4人の晴れやかな顔を見て鮫島はやっと船に乗れたみたいだねと言いました。

やっと南極に向けて出発しました!ずっと揺れ続ける船と船酔いって、考えただけできついですね。そして他にも体力面や決まりごとがたくさん細かく描かれていましたね。
確かに海上じゃ水は貴重だと思うけど、海水風呂に入れるんですね。イメージだと濡れタオルで体を拭くかシャワーのみかと思っていました…。
頑張るしか選択肢がないっていう報瀬ちゃんの言葉は自分に言い聞かせている感じがしましたけど、キマリがすでに自分で選択してここにいるんだって言った時感動しましたね。普段ぼけっとしてるけれどちょいちょいいいこと言ってくれますキマリ。
最後波が高い中外に出たけど、海に放り出されないのかヒヤヒヤしましたw次回は南極に到着するのかな。南極ではどんな試練が待っているのか楽しみです。

「宇宙よりも遠い場所」の他の感想を見る


作品情報

スタッフ
  • 原作:よりもい
  • 監督:いしづかあつこ
  • シリーズ構成・脚本:花田十輝
  • キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博
  • 美術設定:平澤晃弘
  • 美術監督:山根左帆
  • 色彩設計:大野春惠
  • 撮影監督:川下裕樹
  • 3D監督:日下大輔
  • 編集:木村佳史子
  • 音響監督:明田川仁
  • 音響効果:上野励
  • 音楽:藤澤慶晶
  • 音楽制作:KADOKAWA
  • アニメーション制作:MADHOUSE
  • 協力:文部科学省、国立極地研究所、海上自衛隊
  • 製作:「宇宙よりも遠い場所」製作委員会
声優・キャスト
  • 玉木マリ(CV:水瀬いのり)
  • 小淵沢報瀬(CV:花澤香菜)
  • 三宅日向(CV:井口裕香)
  • 白石結月(CV:早見沙織)
  • 藤堂銀(CV:能登麻美子)
  • 前川かなえ(CV:日笠陽子)
  • 鮫島弓子(CV:Lynn)
  • 高橋めぐみ(CV:金元寿子)
  • 玉木リン(CV:本渡楓)
  • 白石民子(CV:大原さやか)

(C)YORIMOI PARTNERS