2018年春各アニメ1話感想をチェック

【宇宙よりも遠い場所】9話 感想 南極についた!ざまぁ見ろーーー!!【ネタバレ注意】

よりもい画像

宇宙よりも遠い場所 第9話より
(C)YORIMOI PARTNERS

マッドハウス制作によるオリジナルテレビアニメ「宇宙よりも遠い場所(通称:よりもい)」の9話感想です。

9話「南極恋物語(ブリザード編)」

ざっくりあらすじ

4人は大縄跳び大会で最下位になった屈辱を晴らすべく練習をしていた。意外と縄跳びがうまい報瀬にキマリたちが驚いていると、財前敏夫が現れて報瀬に「好きなんです!」と告白をする。
しかし財前が好きなのは隊長の藤堂で、報瀬に近づいてきたのは情報を聞きたいからだった。それに呆れている鮫島とキマリ達。そこで日向が船員の恋愛事情をリポートすればいいのではないかと提案。全員一致で賛成し、藤堂にインタビューを行うことになった。

 

藤堂にインタビューができないと言う報瀬に、キマリ達3人は出航前の甲板で仲良さそうに話してたことを持ち出す。一方、藤堂は報瀬と同じで距離があることを悩んでいた。藤堂と報瀬は2人とも口下手で報瀬の母・貴子がいなければあまり会話がなかったという。
報瀬を抜いた3人は藤堂へインタビューをしにやってくる。藤堂はインタビューのことを聞かされていなかったので驚くが、前川かなえが笑顔で3人を迎え入れる。
早速3人は藤堂に恋愛を交えて質問攻めにする。

 

藤堂のインタビューが終わり、財前に「雲のような人」がタイプであることを報告。意味がわからないという様子の一同に報瀬が昔の藤堂の話をする。藤堂は大空を見上げ「雲ってすごいよね。掴めないのに上見るといつもそこにある」と言っていたという。
一同はなんとなく理解したようだったが、財前はわからない様子だった。

 

藤堂は報瀬とちゃんと話し合ったほうがいいと言われ報瀬に会いに行く。藤堂は報瀬に自分の事をどう思っているのか聞くと、憎んでないが自分がどう思っているのか全然わからないと言った。さらに報瀬は「変えるにはお母さんのいる宇宙よりも遠い場所」に行かなければいけないと言った。

やっと南極に到着しました!報瀬ちゃんと吟のわだかまりが消えた感じがしていい回でしたね。過去も現在もなんだかんだいって気の合う二人がかわいかったです。ペンギンは共通話題ですね。

報瀬ちゃんのざまぁみろには驚きましたが、全員がざまぁみろと叫んですっきりした感じがよかったです。

南極にいくことでどうやって報瀬ちゃんが母の死を乗り越えるのか楽しみです。

 

財前は最初から最後までだめだめでしたw最後は鮫島さんといい雰囲気に…はならなかったですね。
今回は南極恋物語ブリザード編だったのでまた恋物語が出てくるのか気になります。

「宇宙よりも遠い場所」の他の感想を見る


作品情報

スタッフ
  • 原作:よりもい
  • 監督:いしづかあつこ
  • シリーズ構成・脚本:花田十輝
  • キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博
  • 美術設定:平澤晃弘
  • 美術監督:山根左帆
  • 色彩設計:大野春惠
  • 撮影監督:川下裕樹
  • 3D監督:日下大輔
  • 編集:木村佳史子
  • 音響監督:明田川仁
  • 音響効果:上野励
  • 音楽:藤澤慶晶
  • 音楽制作:KADOKAWA
  • アニメーション制作:MADHOUSE
  • 協力:文部科学省、国立極地研究所、海上自衛隊
  • 製作:「宇宙よりも遠い場所」製作委員会
声優・キャスト
  • 玉木マリ(CV:水瀬いのり)
  • 小淵沢報瀬(CV:花澤香菜)
  • 三宅日向(CV:井口裕香)
  • 白石結月(CV:早見沙織)
  • 藤堂銀(CV:能登麻美子)
  • 前川かなえ(CV:日笠陽子)
  • 鮫島弓子(CV:Lynn)
  • 高橋めぐみ(CV:金元寿子)
  • 玉木リン(CV:本渡楓)
  • 白石民子(CV:大原さやか)

(C)YORIMOI PARTNERS